2015年7月26日日曜日

第17回 おかやま都市ビジョン研究会. 2015年7月26日

第17回 お都ビ研フォーラム(公開討論会)開催録
日時 : 2015年7月26日〔日〕 9:30 - 12:30
会場 : きらめきプラザ(岡山市北区) 706 会議室
有志 : 衆議院議員 1名、事務局、スタッフ含む35名

「日本一住みたい街おかやま」「全国のモデルとなる理想の街おかやま」の
「姿」と、それを創るための具体的「政策」  おかやま都市ビジョン ~

■ おかやま都市ビジョン研究会フォーラム(公開討論会) Vol.2

議事録等、詳しくは近日更新! あたらしい岡山の未来を垣間見る !!


~ すべては岡山の未来が健やかであるために ~


おかやま都市ビジョン研究会だから、できること――。

住民と住民による協働プロジェクトの一つは正に、おかやま都市ビジョン研究会であり、その基本コンセプトの一つは「自由闊達な創発の場の創造」。自立した自発的な研究メンバーが集う新しい時代のまちづくり研究会から、住民と行政による具体的な協働事業が創出されるよう、アメーバ経営の考え方を採り入れ、試行錯誤を続けます。

お都ビ研が共有している気づき

1. 研究会を円滑に進めるために、ご発言は1分/1回あたり
2. 異なる意見や斬新なアイデアに、批判よりも提案、対案を
3. 挙手、意見の賛否が拮抗した場合、レディ & 若者ファースト
※ なぜなら、岡山に長く暮らす人々こそ主役であると考えるから。


蓄積している成果(共有ワードや試作品)

・ 第17回の成果(試作)物
多様な文化を受け入れ、若者が活躍する国際都市おかやま

・ 第16回の成果(試作)物
研究アソシエイトを新たに迎える、次の苦しみを乗り越えよ!

・ 第15回の成果(試作)物
おそるべし “住民のチカラ”。 住民のプロ ≒ まちづくりのプロ

・ 第14回の成果(試作)物
次の世代に投資する “まちづくり”の場を担保する大人の責務

・ 第13回の成果(試作)物
岡山の30年先に想いを馳せる大人たちの “ 継続するチカラ ”

・ 第12回の成果(試作)物
岡山のセレンディピティを生み出す場。それは、お都ビ研だった

・ 第11回の成果(試作)物
県民・市民が考え行動を起こす、健やかな地域社会づくりの場

・ 第10回の成果(試作)物
よい出会いが人生を加速する。 from 西村勇哉さんの金言.

・ 第9回の成果(試作)物
なるほど、桃太郎電鉄SETOUCHI。あるある “ 桃太郎ランド駅 ”

・ 第8回の成果(試作)物
世代のギャップを超えて多様性を理解する、創発の街おかやま

・ 第7回の成果(試作)物
数値目標を掲げた、実現のための、おかやま都市ビジョン!

・ 第6回の成果(試作)物
やってみなはれフューチャーセッションと、協働アクション。

・ 第5回の成果(試作)物
岡山まちづくり1000人委員会~2015年6月、累計1000名参加
※ 自治体がスルーできない県民による住民参加の OCVL 活動

・ 第4回の成果(試作)物
まちづくりチームの共有理念 「 まちづくりは、人づくり


第7回 おかやま都市ビジョン研究会 夜会

日時 : 2015年8月7日〔金〕 19:00 - 参加自由、自由解散
会場 : haremachi Kitchen (イオンモール 4F) テーブル自由席


第18回 おかやま都市ビジョン研究会

日時 : 平成27年8月29日〔日〕 13時30分 ~ 16時30分
会場 : きらめきプラザ(岡山市北区) 706会議室

テーマ(仮称) “ 次の世代と一緒に考える、岡山の公共交通

・ 公共交通をご利用ください。マイカーでのご来館はお控えください
・ 会議室の賃料は割り勘にて、社会人300円をお願いします


編集後記

より善いまち、おかやまを目指して――。
第17回 おかやま都市ビジョン研究会を終えて想うこと。

いやぁ~ あらためてフォーラム(公開討論会)って、好っきやわぁ~ 各々プレゼンする人々を研究に駆り立てた、未知の物語の起源にトリップしてゆく想像の世界に、思わずドキドキするばかり。プレゼンターの行動モチベーションの根幹に存在している思想とは…? その動機、善なりや……!? そんな哲学的観点から俯瞰するもよし、様々提供くだすった新しい知見をお借りして、追体験の旅に自らを遊ばせ、地球の外から物事の裏側のほうを鳥瞰するのも、とっても楽しい。我が概念フレームは明らかに拡張。

今日は、ほとんど理解できていないイスラム圏の文化や、ハラールについて、はたまたデニムに関し、いつか時間を見つけて自分なりに研究したいと強く感じた次第です。加速的に豹変してゆく世の中だから、時の先端を駆けゆく大学生や高校生の行動と、行動へ導く新たな思想を肌身に感じて理解できなければ、未来に貢献できるハズはなし。世の中のレガシーシステムと一緒に、菅野も博物館送りになるわけだ…(汗)。

なればこそ、こうやって若い世代と触れ合うことのできる、おかやま都市ビジョン研究会は貴重な機会。この先も時間を捻出し、参加したいと存じます。

~ すべては岡山の未来が健やかであるために ~

何より貴重な機会を皆さまと共有できることが有り難く、心より感謝いたします。今後とも何卒よろしくお願いいたします。 2015年7月26日 菅野敦也